ラベル 連絡帳 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 連絡帳 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年7月16日火曜日

遊びを途中でやめるのは絶対にイヤ!

イチローの最終打席

2019年3月21日。イチローの引退試合。 シアトル・マリナーズ対アスレチックス戦。 日テレ系が試合を放送してくれました。 ところが、9時54分、地上波の中継終了。 えっ?えっ?えっ?

今日の連絡帳

砂場でお友だちや保育者と一緒に大きな山を作りました。水を流したらどうなるんだろうとバケツに水を入れて、何度も砂場と水道を往復してくれた○○ちゃん。夢中になりながら遊んでいると、「そろそろご飯にしましょう。」の保育者の声かけに「イヤ!」の返事が返ってきました。もっと遊びたい〇〇ちゃんの気持ちを受け入れながら、しばらく見守っていると、十分に満足したところで、真っ黒になりながら、お部屋に戻ってきました。十分に遊べたところで、自分で気持ちに区切りがつけられたのでしよう。成長を感じる一場面でした。

子どもの気持ちを受け止める

大人が考える優先順位と子どもの優先順位は違うもの。 忙しい現代。大人の時間割に子どもも合わせてもらいたいですが、ちょっと待って! 遊びの中でこどもが主体的に動く姿は、「学びの芽生え」といえるものです。 子ども側に立って、気持ちに気づき、理解し、受け止めましょう。 夢中になっているときは、気持ちに区切りがつけられるよう、できるだけ時間に余裕を持つことが大事です。 子どもが納得できる区切りをつけるには、子どものしていることをちゃんと見て…。

よかった!満足です。

イチローの最終打席、BS放送で見れました! スッキリ。 穏やかな気持ちでお風呂に入れました!

今回の記事の参考

イラスト

2019年7月3日水曜日

出た~。おむつはずれ。

今、突っ込まないで~!

園長先生が朝から何やら不機嫌そう。 何か悩み事あるのかしら? いつもは優しい人なんだけれど、今日はちょっと様子見。

と思っていたら、パーコちゃん(後輩の保育士さんです。)が園長先生のところへ。 書類を持って、足早に近寄ります。

今?ちょっと待ったほうがいいんじゃない? と思ったのですが、懸命に作ったイベントの企画書を早く報告したいようです。 見えてない!

心配したとおり、パーコは小言気味に細かいことをキツメに指摘されてしまいました。 いつもなら、「パーコさん、よく作ってくれたわね~。ありがとう。」って褒められて、 「ただ、ここはこうしたほうがいいかも」って的確なアドバイスをもらえるのに。 残念な人、パーコちゃん。

タイミングが悪い人の特徴

タイミングが悪い人の特徴は、まず第一に状況判断が悪いこと。 中には状況をつかむことなど全く考えないで、突っ込んでいく人もいます。 いわゆる「空気を読まない。」「空気を読めない。」も、このうちに入るでしょう。

第二は、行動力。 グズグズしているとタイミングを逃してしまいます。 最良とまではいかないまでも、まだ大丈夫という段階で行動に移せるかどうかは大事です。

受けたかった講習。すぐに定員に達してしまい諦めかけていたのですが、 事務局の人に申し出ておいたら、欠員が出て受講できたことがありました。 まだ講習が始まっておらず、欠員が出る可能性があるという状況の判断、 事務局の人に相談したという行動力が実を結んだと思っています。 ベストタイミングではなかったけれど、グッドタイミングだったというわけです。

状況を掴むには、知識・経験が豊富なほうが的確さが増します。 春植え野菜はやはり春に植えなくちゃ。 情熱があれば、秋植えでも大丈夫? そんなことないですよね。

自身と意欲を育む・タイミング

育てるということでは、保育もタイミングが大事。 保育所保育指針解説では、1歳以上3歳未満児の保育での排泄(はいせつ)について、次のように記されています。

身体の諸機能の発育・発達に伴い、子どもが自分で排泄(せつ)することが可能となってくる。 排泄(せつ)の自立に向かう時期には、子どもの「自分でできる」「自分でしたい」という自信や意欲を育むことも重要である。 おむつが濡れている時には「きれいにしようね」と声をかけながら交換し、清潔になる心地よさを子どもが経験するようにする。 排尿の素振りが見られる時には、タイミングよく優しい言葉でトイレに誘う。 また、ぐっすりと眠った後など、おむつが濡れていない時がある。そうした時に、声をかけてトイレに誘ってみる。 子どもが嫌がった場合にはその気持ちを受け入れるが、トイレに行ってみようという気持ちが起きた場合には一緒に付き添う。 そして、気持ちを込めて排泄(せつ)を促すような言葉をかける。 便器で排泄(せつ)ができた時には、一緒に喜ぶ。 トイレに行っても出ない時には、適度な頃合いで「おやつの後にしようか」など優しく対応する。 このように、保育士等が焦らずに一人一人の子どものペースを尊重して対応することで、子どもは次第に必要に応じて自分からトイレに行けるようになっていく。

連絡帳の文例

発達を受け止める。

一人一人の子どもの発達段階・・・ オムツはずれスタートのための3つの条件を満たしているかどうかを判断して、自然にオムツはずしができるタイミングを見計らってサポートするのが大事。

① 一人歩き
 トイレに座るためには背骨や足腰の筋肉がしっかりしていることが必要。
② 膀胱の発達
 おしっこの間隔が2~3時間あけば、膀胱が発達してきたサイン。
③ 言葉の発達
 おしっこが出たことや出そうなことを言葉や仕草で意思表示できる。

※ おもらしや洗濯が苦にならない夏の時期が保護者にとってもベストかも。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

お昼寝明けに、おむつがぬれていなかったので、トイレに誘ってみたところ、しーっとおしっこがタイミングよく出ました。 「すごーい。○○ちゃん、おしっこがでたね。」と声をかけると、じっとおまるの中を覗いていました。 とても不思議な感覚だったのでしょう。 すばらくしたら、「出た〜。」とにっこり。とても嬉しそうでした。 明日もタイミングを見て、声がけしてみようと思います。

これもタイミング

園長先生にキツメに言われて、ショゲ気味のパーコちゃん。 仕事中もちょっと目がウツロ。危ない。危ない。 そんなときはコレ。 「新製品。食べてみる~?」 チョコを差し出しました。 顔が一瞬で明るくなりました。

今回の記事の参考

タイミング
オムツはずれ
イラスト

2019年6月27日木曜日

からっぽ!活動バランス。

中途半端なウォーキング

腰痛は保育士の職業病といわれるほど、悩んでいる人が多いです。 ワタシも腰痛で整形外科に通っていて、強度の高い運動は禁止されています。 リハビリ体操に取り組んでいますが、それだけでは運動不足。ウォーキングにも励んでいます。

先日は自宅から離れたところを歩こうと計画。 降りた駅の近くにおしゃれなケーキ屋さんがあって、コーヒーと一緒に大好きなモンブランをいただきました。 運動前だから糖質とらなきゃ・・・脂質も持久性運動には一緒に摂取するのが好ましいとの研究もあるとか・・・ そんな言い訳をしながら。。。

ケーキでお腹がいっぱいになってしまったので、近くの素敵なパン屋さんはウインドウを見ただけでスルー。 栄養的にはサンドイッチのほうがよかったかもしれないけど、好きなもののほうがやる気でるし!

ちょっと寄り道をしながら、正午近くから3時間ほどお散歩。 梅雨の晴れ間、自然の中を歩くのは気持ちよかったです。 途中からバスに乗って、市街地へ。

大好きなお店は17時オープン。着いたのは15時半。 中途半端。。 帰りの買い物の物色を兼ねて、ショッピングセンターの食品売り場へ。 マグロ中心の魚屋さんがありました。ちらし寿司が500円。 思わず買って、外のベンチでいただきました。 通行人も気になりません。 それほどお腹が空いていたんです! 完食!

《食事量の調整》と《活動バランス》

バランスボール 食わず嫌い」の記事では《チャレンジ精神》を育むこと、「好きなものしか食べない。グリーンピース?」の記事では《意欲》を高めることをポイントとして挙げました。 今回は、それを導くための配慮として、《食事量の調整》と《活動バランス》を掲げます。

『保育所保育指針解説』には「日々の食事の提供に当たっては、子どもの状態に応じて、摂取方法や摂取量などを考慮し、子どもが食べることを楽しむことができるよう計画を作成することが大切である。」とあります。 また「食事に向けて食欲がわくように、保育所における一日の活動のバランスに配慮していくことも重要である。」とも。

連絡帳の文例

食事中に椅子から立ち上がり遊びはじめようとする子がいました。 「発達を受け止める」という観点で次のように考えました。

発達を受け止める。

食事に集中できるのは15から20分。 けれども、〇〇ちゃんは好きなものだけ食べてすぐに椅子から立ち上がってしまいます。 盛り付けの量が多かったり、午前中の活動時間が少なくお腹がすいていないこともあるかもしれません。 何よりもチャレンジする精神、それを引き出す完食の達成感を味わってくれたらと、午前中の活動、食事量を調節してみました。 そうしたら、完食。食後のデザートを食べ終わるまで椅子に座って楽しそうにしていてくれました。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

普段は好きなものだけ食べてすぐに椅子から立ち上がってしまうことが多いのですが、食事量を調整して、様子をみたところ、今日はあっという間に完食でした。 きっと、たくさん身体を動かし遊んだ効果もあったのかもしれません。 完食したお皿を見せながら「からっぽ」ととても嬉しそうな○○ちゃんでした。 お食事後のお楽しみデザートのバナナもおいしそうに食べていました。

完食の喜びを感じてくれたのではないでしょうか。 家庭ではいろいろなものを食べてもらおうと無理をしがちになるかもしれません。 保護者の参考になれば幸いです。

計画性と調査は大事かも。

17時のオープンを楽しみにしていたお店。 その日は定休日でした。残念。 でも、ちらし寿司をおいしく食べられたので満足です。 からっぽ!

今回の記事の参考

ウォーキング
食育
  • 「保育所保育指針解説」第3章 健康及び安全 2 食育の推進(2)食育の環境の整備等
イラスト

2019年6月18日火曜日

好きなものしか食べない。グリーンピース?

全然ピースじゃないグリーンピース

園での野菜作りに余念のないワタシ。 子どもたちが野菜に触れる機会が少しでも増えてほしいと願っています。 そういうわけで、野菜好きの先生とのイメージを持ってもらっているけど。。。。 実は、グリーンピースが苦手です。

チキンライスに入っている、グリーンピース。 シュウマイの頭に乗ってる、グリーンピース。 グリーンピースがなければ、ピースサインを出しちゃいます。 ミックスベジタブルにも必ず入っているんですよねぇ。

子どもの嫌いな食べ物ベスト5

幼児で嫌いな食べ物ベスト4は、①野菜、②肉類、③牛乳・乳製品、④魚の順です。 「野菜を嫌う理由として、食べにくい、噛めない、固いがあげられており、苦い、色が嫌い、まずい、嫌なにおいなども理由になる。 」 と「保育所における食事の提供ガイドライン」にあります。

それぞれの子どもの発達に応じて、いろいろな食べ物を味わってもらおうと日々、工夫に頭を悩ませています。

意欲を高める。

「保育所における食事の提供ガイドライン」に「食べる意欲を高める」よう記されています。

「自分で食べることは、食物の判断や選択を含めて、自分の意志や意欲を伴うことである。 食べることは子どもの意欲を引き出すことが重要であり、楽しさにもつながる。」

前回の「食わず嫌い」では、チャレンジ精神を育むことの大切さを強調しました。 チャレンジ精神につながりますが、園では、あの手この手で子どもたちの意欲を引き出すように工夫しています。 お腹が空くように食事前に運動したり、量を減らしたり、芋掘りをしたり、菜園を作ったりと。 好きなものをすべて食べたことを褒めて、他の食べ物も食べてみようと思ってもらうことも、そのひとつです。

連絡帳の文例

好きなものしか食べない子がいました。 「発達を受け止める」という観点で次のように考えました。

発達を受け止める。

食べる順番にこだわったり、好きな食べ物こだわりが強くなる時期。 ある程度は大目にみて様子を見る。 それよりも好きなものに限られているとはいえ、自分で食べようとしている意欲を認めてあげることが大事。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

「すごーい。ご飯がからっぽになったね。」 「次はここにあるお野菜が○○ちゃんに食べてほしいって言ってる。 先生と一緒に食べてみようか。」 「いくよ。せーの。」と言いながらスプーンでお口まで運んであげるとパクッて食べてくれました。 「いい音が聞こえるね。」と一緒にお野菜のポリポリの食感を楽しんでいます。

保護者の方が家庭でも、野菜を食べたことを褒めてもらいたいです 〇〇ちゃんの野菜を食べる意欲が増すことでしょう。 そして、野菜を食べ続けることで、その食感、味、ニオイに慣れて、苦手意識が薄れていきます。

ピースじゃなくてピー、ピーズ。

グリーンピースの「ピース」に違和感を感じたワタシ。 えんどう豆、単数形はピー(pea)。 複数形ではピーズ(peas)と濁るの普通。 やっぱり「ピース」じゃなかった! 思わずVサイン。

エンドウ豆は、食物繊維、タンパク質・糖質・ビタミン・ミネラルが豊富で栄養価が高いそうです。 緑色が鮮やかだし、料理に使いたくなる気持ちはわかります。

グリーンピース(green pea)は、そのエンドウの未熟の種子。 ほとんどは缶詰と冷凍品に加工されるとのことで、私たちの口に入るのは加工品ですね。 だから、あの食感、あのニオイなのかも。

ピロGがビールを飲みながら「スナップエンドウ」をツマミにしていたのを思い出しました。 その手があったか! 俄然、食べる意欲が高まりました。 スナップエンドウでエンドウ豆克服です。 シャキシャキ。。。

今回の記事の参考

嫌いな野菜
食育
イラスト

2019年6月10日月曜日

食わず嫌い

ウナギなどニュルニュルしたものが苦手なワタシ。 「おいしい店があるよ。」と誘われても、お断りしています。

ウナギ、とっても栄養価が高いそうで、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、DHA、EPAが豊富とか。 「食わず嫌いだな。」と言われますが、ビタミンAは乳製品・卵、ニンジン・カボチャでも摂取できるし、ビタミンBは豚肉、レバー類にも多く含まれています。 魚や野菜も食べるので、栄養面では問題ないはずですが。。。

偏食・・・保育での指針

保育の面では、食べず嫌いや偏食って、どのように指導されるべきなのでしょう? 「保育所における食事の提供ガイドライン」第3章「保育所における食事の提供の具体的なあり方」 「 2 食事の提供の留意事項(3)一人一人に応じた対応について」から引用します。

偏食・・・ガイドライン

嫌いなものを食べなくても、栄養学的には他の食物でも対応できるかもしれない。しかし、 対応としては色々なことを許容する人格やチャレンジ精神を育てるためにも、少しずつ食べ られるようにすることが望ましい。ある食材を食べない場合、その理由を分析し対応する。 例えば ①調理を工夫して、小さく切ったり柔らかくする、 ②好きな食材に少し混ぜる、 ③ピーマンなどのにおいが強い食材は、調理によりにおいを弱めるなどの工夫をする。また、 ④無理強いをしないで、チャレンジしようとする好奇心を育てるように言葉かけなどを行う、

チャレンジ精神を育む

「チャレンジ精神」が大事とのこと。 食べない理由を分析して、一人一人に応じた対応をしましょうと。

連絡帳の文例

食べず嫌いで、食事中に食べ物を粗末にするように見える子がいました。 「発達を受け止める」という観点で次のように考えました。

発達を受け止める。

味覚の発達により好き嫌いが出てくる時期。 また、初めてのものに緊張が高まりやすいタイプかも? 何か違和感を感じてこんな行動に。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

初めてのもの。 それは○○ちゃんにとって新しい世界---しばらくは好きなものだけを食べていたのですが、周りのお友だちや保育者がおいしそうに食べている様子を見せ、関心を示したところで「○○ちゃんも食べてみる?」と誘ったところ、パクパクとお口に入れて食べてくれました。 「すごい!食べられたね。」と褒めたらニッコリ。こちらもとても嬉しかったです。

保護者の方が、そのことを喜んでくれて、家庭でも褒めてもらえたらという願いも込めています。 褒めてもらえた〇〇ちゃんが誇りに思って、次もチャレンジする気持ちをもってくれたら嬉しいです。 ワタシたち保育者が一人一人を見守って、それぞれの発達の段階に応じて細やかに対応していることが伝われば、 より信頼を寄せてもらえて、保育もやりやすくなるでしょう。

ウナギにチャレンジ?


ワタシもチャレンジしないといけないかしら? でも、ウナギって高いでしょ。 もしハマってしまったら、破産だわ。 やっぱり、やめときま~す。

今回の記事の参考

食育
イラスト

2019年6月6日木曜日

笑いのオノマトペ(擬態語)

オノマトペのスペシャリストの保育士の皆さん、連絡帳にも擬音語・擬態語を活用して、文章表現を「イキイキ」させましょう。 今回は「笑いのオノマトペ(擬態語)」。

瞬間的な笑いを表す「り」型・促音(っ)型、持続的な笑いを表すABAB型に分けて、それぞれの擬態語を示していきます。 さまざまな子どもの表情。その微妙なニュアンスをおかあさん、おとうさんらの保護者に伝えたいですね。

瞬間的な笑いの状態:「り」型


瞬間的な笑いの「状態」を表す擬態語には「り」がつきます。 促音(っ)型は「動作」の瞬間性を表すのに対して、「り」型の笑いの擬態語は「状態」の瞬間性を表すとされます。 したがって、「り」型のほうが促音(っ)型より余韻があって、嬉しさ・楽しさを十分に表すことができます。

にっこり・ニッコリ

連絡帳に記載したい言葉ナンバーワンは「にっこり」。 明るい表情、うれしさ、なごやかさ、心地よさが伝わります。 満面の笑みを思い浮かべた場面を想像して、みんなが幸せになることでしょう。

少し喜びの表情が少ないときは「にこり」が適当かもしれませんが、内向的な子どもの場合は、そのような感じのときでも「にっこり」と表現しても差支えないでしょう。 また、瞬間的にいい表情を見せたときは「にこっ」がふさわしいこともあるかもしれません。

「にっこり」の文例

たとえば、はじめてトイレでおしっこができたとき。

「出た~。」とにっこり。

にこり・ニコリ

うれしそうに一度ほほえんだときは「にこり」。 「にっこり」よりは時間的に短く、表現も控え目ですが、何かを達成した安堵を表しています。

「にこり」の文例

気が進まないまでも、苦手なものを克服したとき。

「できたねぇ~。」とほめると、にこり。○○ちゃんの成長を感じました。

にんまり・ニンマリ

声を出さないで、ひとり満足げにほほえむさま。 まわりのお友だちには悪いけれど、ひとりだけよい思いをしたときは、「にんまり」しているかもしれません。 他の人に対する思いやりが育ってきて、大きくは喜べないけど、自分自身は満足を得たときなど。

「にんまり」の文例

大好きなオモチャをゲットしたとき。

○○ちゃん、きょうはみんなに人気のオモチャをゲットしてニンマリ。 どんどん積極的になってきました。

にたり、にやり・ニタリ、ニヤリ

声をたてないでの、意味ありげな笑い。何かいたずらしたのかな? 「にたりにたり」という感じで妙な笑いが続いているときは要注意。

くすり・クスリ

笑いをこらえて、少しもれる声。 こんな笑いをするようになったら、かなりオシャマ。

瞬間的な笑いの動作:促音型(っ)


瞬間的な笑いの「動作」を表す擬態語には小さい「っ」がつきます。 「り」型の笑いの擬態語が「状態」の瞬間性を示すのに対して、促音(っ)型は「動作」の瞬間性を示すとされます。 したがって、促音(っ)型のほうがより瞬間的です。

にこっ・ニコッ

うれしそうな顔で一瞬笑うさま。「にっ」よりも時間は長く、表情は崩れます。

状態を表す「り」型の「にこり」や「にっこり」よりは瞬間的。

「にこっ」の文例

気が進まないまでも、苦手なものを克服してほめられたときなど。

「できたねぇ~。」とほめると、にこっ!○○ちゃん、えらいです!

にっ・ニッ

声をたてないで、急に少し笑いを浮かべるさま。愛嬌を伴います。「にこっ」よりも瞬間的で、表情の崩れはわずか。

「にっ」の文例

「だめよ~。」と声をかけると、にっ!やめてくれました。

うふっ・ウフッ

小声で短く笑う声。 主に女性の作り笑いとも言われますが、ませた女の子も発することがあります。笑いをこらえながら軽く出す感じ。 「うふふ」「うふふふ」と「ふ」が増えるほど、こらえかたが大きく持続時間が長い。

くすっ、くっ・クスッ、クッ

ほんの少しもれる笑い声。「くっ」のほうが、「くすり」「くすっ」より瞬間的。

にたっ、にやっ・ニタッ、ニヤッ

いたずら好きの子どもは、こんな笑いをするかもしれません。声を立てない、意味ありげな笑い。

持続的な笑い:ABAB型


「にこにこ」のように同じ二音が連続する場合、その状態が継続していることを表します。

にこにこ・ニコニコ

最高の笑顏の状態が続いています。嬉しさが満ちあふれています

「にっこにこ」、「にっこにっこ」も、この仲間。心底うれしげに笑うさま、何度もうれしそうに笑うさまが表現できます。

「にこにこ」の文例
○○が大好きです。持たせると、にこにこ。

にたにた、にやにや・ニタニタ、ニヤニヤ

いたずらっ子がこんな笑いをしていたら要注意です。意味ありげな笑い。

くすくす・クスクス

ほんの少しもれる笑い声。何かヘン?

「くっくっ」は、声を抑えようとする感じが強い。

げらげら、けらけら・ゲラゲラ、ケラケラ

笑い転げちゃってます。

その他の笑いのオノマトペ


日本語はほんとうに擬音語・擬態語が豊か。 連絡帳に使えるかはわからないけれど、上記以外にもいろいろあります。

  • うっしっし
  • うふっ、うふふ、うふふふ
  • うほっ、うほほ、うほうほ
  • えへへ
  • くっく、くすっ
  • にかっ
  • にーっ
 

ポピパ:保育士サポート Copyright © 2011 Designed by Ipietoon Blogger Template and web hosting