2019年6月6日木曜日

笑いのオノマトペ(擬態語)

オノマトペのスペシャリストの保育士の皆さん、連絡帳にも擬音語・擬態語を活用して、文章表現を「イキイキ」させましょう。 今回は「笑いのオノマトペ(擬態語)」。

瞬間的な笑いを表す「り」型・促音(っ)型、持続的な笑いを表すABAB型に分けて、それぞれの擬態語を示していきます。 さまざまな子どもの表情。その微妙なニュアンスをおかあさん、おとうさんらの保護者に伝えたいですね。

瞬間的な笑いの状態:「り」型


瞬間的な笑いの「状態」を表す擬態語には「り」がつきます。 促音(っ)型は「動作」の瞬間性を表すのに対して、「り」型の笑いの擬態語は「状態」の瞬間性を表すとされます。 したがって、「り」型のほうが促音(っ)型より余韻があって、嬉しさ・楽しさを十分に表すことができます。

にっこり・ニッコリ

連絡帳に記載したい言葉ナンバーワンは「にっこり」。 明るい表情、うれしさ、なごやかさ、心地よさが伝わります。 満面の笑みを思い浮かべた場面を想像して、みんなが幸せになることでしょう。

少し喜びの表情が少ないときは「にこり」が適当かもしれませんが、内向的な子どもの場合は、そのような感じのときでも「にっこり」と表現しても差支えないでしょう。 また、瞬間的にいい表情を見せたときは「にこっ」がふさわしいこともあるかもしれません。

「にっこり」の文例

たとえば、はじめてトイレでおしっこができたとき。

「出た~。」とにっこり。

にこり・ニコリ

うれしそうに一度ほほえんだときは「にこり」。 「にっこり」よりは時間的に短く、表現も控え目ですが、何かを達成した安堵を表しています。

「にこり」の文例

気が進まないまでも、苦手なものを克服したとき。

「できたねぇ~。」とほめると、にこり。○○ちゃんの成長を感じました。

にんまり・ニンマリ

声を出さないで、ひとり満足げにほほえむさま。 まわりのお友だちには悪いけれど、ひとりだけよい思いをしたときは、「にんまり」しているかもしれません。 他の人に対する思いやりが育ってきて、大きくは喜べないけど、自分自身は満足を得たときなど。

「にんまり」の文例

大好きなオモチャをゲットしたとき。

○○ちゃん、きょうはみんなに人気のオモチャをゲットしてニンマリ。 どんどん積極的になってきました。

にたり、にやり・ニタリ、ニヤリ

声をたてないでの、意味ありげな笑い。何かいたずらしたのかな? 「にたりにたり」という感じで妙な笑いが続いているときは要注意。

くすり・クスリ

笑いをこらえて、少しもれる声。 こんな笑いをするようになったら、かなりオシャマ。

瞬間的な笑いの動作:促音型(っ)


瞬間的な笑いの「動作」を表す擬態語には小さい「っ」がつきます。 「り」型の笑いの擬態語が「状態」の瞬間性を示すのに対して、促音(っ)型は「動作」の瞬間性を示すとされます。 したがって、促音(っ)型のほうがより瞬間的です。

にこっ・ニコッ

うれしそうな顔で一瞬笑うさま。「にっ」よりも時間は長く、表情は崩れます。

状態を表す「り」型の「にこり」や「にっこり」よりは瞬間的。

「にこっ」の文例

気が進まないまでも、苦手なものを克服してほめられたときなど。

「できたねぇ~。」とほめると、にこっ!○○ちゃん、えらいです!

にっ・ニッ

声をたてないで、急に少し笑いを浮かべるさま。愛嬌を伴います。「にこっ」よりも瞬間的で、表情の崩れはわずか。

「にっ」の文例

「だめよ~。」と声をかけると、にっ!やめてくれました。

うふっ・ウフッ

小声で短く笑う声。 主に女性の作り笑いとも言われますが、ませた女の子も発することがあります。笑いをこらえながら軽く出す感じ。 「うふふ」「うふふふ」と「ふ」が増えるほど、こらえかたが大きく持続時間が長い。

くすっ、くっ・クスッ、クッ

ほんの少しもれる笑い声。「くっ」のほうが、「くすり」「くすっ」より瞬間的。

にたっ、にやっ・ニタッ、ニヤッ

いたずら好きの子どもは、こんな笑いをするかもしれません。声を立てない、意味ありげな笑い。

持続的な笑い:ABAB型


「にこにこ」のように同じ二音が連続する場合、その状態が継続していることを表します。

にこにこ・ニコニコ

最高の笑顏の状態が続いています。嬉しさが満ちあふれています

「にっこにこ」、「にっこにっこ」も、この仲間。心底うれしげに笑うさま、何度もうれしそうに笑うさまが表現できます。

「にこにこ」の文例
○○が大好きです。持たせると、にこにこ。

にたにた、にやにや・ニタニタ、ニヤニヤ

いたずらっ子がこんな笑いをしていたら要注意です。意味ありげな笑い。

くすくす・クスクス

ほんの少しもれる笑い声。何かヘン?

「くっくっ」は、声を抑えようとする感じが強い。

げらげら、けらけら・ゲラゲラ、ケラケラ

笑い転げちゃってます。

その他の笑いのオノマトペ


日本語はほんとうに擬音語・擬態語が豊か。 連絡帳に使えるかはわからないけれど、上記以外にもいろいろあります。

  • うっしっし
  • うふっ、うふふ、うふふふ
  • うほっ、うほほ、うほうほ
  • えへへ
  • くっく、くすっ
  • にかっ
  • にーっ

0 コメント:

コメントを投稿

 

ポピパ:保育士サポート Copyright © 2011 Designed by Ipietoon Blogger Template and web hosting