2019年6月10日月曜日

食わず嫌い

ウナギなどニュルニュルしたものが苦手なワタシ。 「おいしい店があるよ。」と誘われても、お断りしています。

ウナギ、とっても栄養価が高いそうで、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、DHA、EPAが豊富とか。 「食わず嫌いだな。」と言われますが、ビタミンAは乳製品・卵、ニンジン・カボチャでも摂取できるし、ビタミンBは豚肉、レバー類にも多く含まれています。 魚や野菜も食べるので、栄養面では問題ないはずですが。。。

偏食・・・保育での指針

保育の面では、食べず嫌いや偏食って、どのように指導されるべきなのでしょう? 「保育所における食事の提供ガイドライン」第3章「保育所における食事の提供の具体的なあり方」 「 2 食事の提供の留意事項(3)一人一人に応じた対応について」から引用します。

偏食・・・ガイドライン

嫌いなものを食べなくても、栄養学的には他の食物でも対応できるかもしれない。しかし、 対応としては色々なことを許容する人格やチャレンジ精神を育てるためにも、少しずつ食べ られるようにすることが望ましい。ある食材を食べない場合、その理由を分析し対応する。 例えば ①調理を工夫して、小さく切ったり柔らかくする、 ②好きな食材に少し混ぜる、 ③ピーマンなどのにおいが強い食材は、調理によりにおいを弱めるなどの工夫をする。また、 ④無理強いをしないで、チャレンジしようとする好奇心を育てるように言葉かけなどを行う、

チャレンジ精神を育む

「チャレンジ精神」が大事とのこと。 食べない理由を分析して、一人一人に応じた対応をしましょうと。

連絡帳の文例

食べず嫌いで、食事中に食べ物を粗末にするように見える子がいました。 「発達を受け止める」という観点で次のように考えました。

発達を受け止める。

味覚の発達により好き嫌いが出てくる時期。 また、初めてのものに緊張が高まりやすいタイプかも? 何か違和感を感じてこんな行動に。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

初めてのもの。 それは○○ちゃんにとって新しい世界---しばらくは好きなものだけを食べていたのですが、周りのお友だちや保育者がおいしそうに食べている様子を見せ、関心を示したところで「○○ちゃんも食べてみる?」と誘ったところ、パクパクとお口に入れて食べてくれました。 「すごい!食べられたね。」と褒めたらニッコリ。こちらもとても嬉しかったです。

保護者の方が、そのことを喜んでくれて、家庭でも褒めてもらえたらという願いも込めています。 褒めてもらえた〇〇ちゃんが誇りに思って、次もチャレンジする気持ちをもってくれたら嬉しいです。 ワタシたち保育者が一人一人を見守って、それぞれの発達の段階に応じて細やかに対応していることが伝われば、 より信頼を寄せてもらえて、保育もやりやすくなるでしょう。

ウナギにチャレンジ?


ワタシもチャレンジしないといけないかしら? でも、ウナギって高いでしょ。 もしハマってしまったら、破産だわ。 やっぱり、やめときま~す。

今回の記事の参考

食育
イラスト

0 コメント:

コメントを投稿

 

ポピパ:保育士サポート Copyright © 2011 Designed by Ipietoon Blogger Template and web hosting