2019年6月27日木曜日

からっぽ!活動バランス。

中途半端なウォーキング

腰痛は保育士の職業病といわれるほど、悩んでいる人が多いです。 ワタシも腰痛で整形外科に通っていて、強度の高い運動は禁止されています。 リハビリ体操に取り組んでいますが、それだけでは運動不足。ウォーキングにも励んでいます。

先日は自宅から離れたところを歩こうと計画。 降りた駅の近くにおしゃれなケーキ屋さんがあって、コーヒーと一緒に大好きなモンブランをいただきました。 運動前だから糖質とらなきゃ・・・脂質も持久性運動には一緒に摂取するのが好ましいとの研究もあるとか・・・ そんな言い訳をしながら。。。

ケーキでお腹がいっぱいになってしまったので、近くの素敵なパン屋さんはウインドウを見ただけでスルー。 栄養的にはサンドイッチのほうがよかったかもしれないけど、好きなもののほうがやる気でるし!

ちょっと寄り道をしながら、正午近くから3時間ほどお散歩。 梅雨の晴れ間、自然の中を歩くのは気持ちよかったです。 途中からバスに乗って、市街地へ。

大好きなお店は17時オープン。着いたのは15時半。 中途半端。。 帰りの買い物の物色を兼ねて、ショッピングセンターの食品売り場へ。 マグロ中心の魚屋さんがありました。ちらし寿司が500円。 思わず買って、外のベンチでいただきました。 通行人も気になりません。 それほどお腹が空いていたんです! 完食!

《食事量の調整》と《活動バランス》

バランスボール 食わず嫌い」の記事では《チャレンジ精神》を育むこと、「好きなものしか食べない。グリーンピース?」の記事では《意欲》を高めることをポイントとして挙げました。 今回は、それを導くための配慮として、《食事量の調整》と《活動バランス》を掲げます。

『保育所保育指針解説』には「日々の食事の提供に当たっては、子どもの状態に応じて、摂取方法や摂取量などを考慮し、子どもが食べることを楽しむことができるよう計画を作成することが大切である。」とあります。 また「食事に向けて食欲がわくように、保育所における一日の活動のバランスに配慮していくことも重要である。」とも。

連絡帳の文例

食事中に椅子から立ち上がり遊びはじめようとする子がいました。 「発達を受け止める」という観点で次のように考えました。

発達を受け止める。

食事に集中できるのは15から20分。 けれども、〇〇ちゃんは好きなものだけ食べてすぐに椅子から立ち上がってしまいます。 盛り付けの量が多かったり、午前中の活動時間が少なくお腹がすいていないこともあるかもしれません。 何よりもチャレンジする精神、それを引き出す完食の達成感を味わってくれたらと、午前中の活動、食事量を調節してみました。 そうしたら、完食。食後のデザートを食べ終わるまで椅子に座って楽しそうにしていてくれました。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

普段は好きなものだけ食べてすぐに椅子から立ち上がってしまうことが多いのですが、食事量を調整して、様子をみたところ、今日はあっという間に完食でした。 きっと、たくさん身体を動かし遊んだ効果もあったのかもしれません。 完食したお皿を見せながら「からっぽ」ととても嬉しそうな○○ちゃんでした。 お食事後のお楽しみデザートのバナナもおいしそうに食べていました。

完食の喜びを感じてくれたのではないでしょうか。 家庭ではいろいろなものを食べてもらおうと無理をしがちになるかもしれません。 保護者の参考になれば幸いです。

計画性と調査は大事かも。

17時のオープンを楽しみにしていたお店。 その日は定休日でした。残念。 でも、ちらし寿司をおいしく食べられたので満足です。 からっぽ!

今回の記事の参考

ウォーキング
食育
  • 「保育所保育指針解説」第3章 健康及び安全 2 食育の推進(2)食育の環境の整備等
イラスト

0 コメント:

コメントを投稿

 

ポピパ:保育士サポート Copyright © 2011 Designed by Ipietoon Blogger Template and web hosting