2019年7月16日火曜日

遊びを途中でやめるのは絶対にイヤ!

イチローの最終打席

2019年3月21日。イチローの引退試合。 シアトル・マリナーズ対アスレチックス戦。 日テレ系が試合を放送してくれました。 ところが、9時54分、地上波の中継終了。 えっ?えっ?えっ?

今日の連絡帳

砂場でお友だちや保育者と一緒に大きな山を作りました。水を流したらどうなるんだろうとバケツに水を入れて、何度も砂場と水道を往復してくれた○○ちゃん。夢中になりながら遊んでいると、「そろそろご飯にしましょう。」の保育者の声かけに「イヤ!」の返事が返ってきました。もっと遊びたい〇〇ちゃんの気持ちを受け入れながら、しばらく見守っていると、十分に満足したところで、真っ黒になりながら、お部屋に戻ってきました。十分に遊べたところで、自分で気持ちに区切りがつけられたのでしよう。成長を感じる一場面でした。

子どもの気持ちを受け止める

大人が考える優先順位と子どもの優先順位は違うもの。 忙しい現代。大人の時間割に子どもも合わせてもらいたいですが、ちょっと待って! 遊びの中でこどもが主体的に動く姿は、「学びの芽生え」といえるものです。 子ども側に立って、気持ちに気づき、理解し、受け止めましょう。 夢中になっているときは、気持ちに区切りがつけられるよう、できるだけ時間に余裕を持つことが大事です。 子どもが納得できる区切りをつけるには、子どものしていることをちゃんと見て…。

よかった!満足です。

イチローの最終打席、BS放送で見れました! スッキリ。 穏やかな気持ちでお風呂に入れました!

今回の記事の参考

イラスト

2019年7月3日水曜日

出た~。おむつはずれ。

今、突っ込まないで~!

園長先生が朝から何やら不機嫌そう。 何か悩み事あるのかしら? いつもは優しい人なんだけれど、今日はちょっと様子見。

と思っていたら、パーコちゃん(後輩の保育士さんです。)が園長先生のところへ。 書類を持って、足早に近寄ります。

今?ちょっと待ったほうがいいんじゃない? と思ったのですが、懸命に作ったイベントの企画書を早く報告したいようです。 見えてない!

心配したとおり、パーコは小言気味に細かいことをキツメに指摘されてしまいました。 いつもなら、「パーコさん、よく作ってくれたわね~。ありがとう。」って褒められて、 「ただ、ここはこうしたほうがいいかも」って的確なアドバイスをもらえるのに。 残念な人、パーコちゃん。

タイミングが悪い人の特徴

タイミングが悪い人の特徴は、まず第一に状況判断が悪いこと。 中には状況をつかむことなど全く考えないで、突っ込んでいく人もいます。 いわゆる「空気を読まない。」「空気を読めない。」も、このうちに入るでしょう。

第二は、行動力。 グズグズしているとタイミングを逃してしまいます。 最良とまではいかないまでも、まだ大丈夫という段階で行動に移せるかどうかは大事です。

受けたかった講習。すぐに定員に達してしまい諦めかけていたのですが、 事務局の人に申し出ておいたら、欠員が出て受講できたことがありました。 まだ講習が始まっておらず、欠員が出る可能性があるという状況の判断、 事務局の人に相談したという行動力が実を結んだと思っています。 ベストタイミングではなかったけれど、グッドタイミングだったというわけです。

状況を掴むには、知識・経験が豊富なほうが的確さが増します。 春植え野菜はやはり春に植えなくちゃ。 情熱があれば、秋植えでも大丈夫? そんなことないですよね。

自身と意欲を育む・タイミング

育てるということでは、保育もタイミングが大事。 保育所保育指針解説では、1歳以上3歳未満児の保育での排泄(はいせつ)について、次のように記されています。

身体の諸機能の発育・発達に伴い、子どもが自分で排泄(せつ)することが可能となってくる。 排泄(せつ)の自立に向かう時期には、子どもの「自分でできる」「自分でしたい」という自信や意欲を育むことも重要である。 おむつが濡れている時には「きれいにしようね」と声をかけながら交換し、清潔になる心地よさを子どもが経験するようにする。 排尿の素振りが見られる時には、タイミングよく優しい言葉でトイレに誘う。 また、ぐっすりと眠った後など、おむつが濡れていない時がある。そうした時に、声をかけてトイレに誘ってみる。 子どもが嫌がった場合にはその気持ちを受け入れるが、トイレに行ってみようという気持ちが起きた場合には一緒に付き添う。 そして、気持ちを込めて排泄(せつ)を促すような言葉をかける。 便器で排泄(せつ)ができた時には、一緒に喜ぶ。 トイレに行っても出ない時には、適度な頃合いで「おやつの後にしようか」など優しく対応する。 このように、保育士等が焦らずに一人一人の子どものペースを尊重して対応することで、子どもは次第に必要に応じて自分からトイレに行けるようになっていく。

連絡帳の文例

発達を受け止める。

一人一人の子どもの発達段階・・・ オムツはずれスタートのための3つの条件を満たしているかどうかを判断して、自然にオムツはずしができるタイミングを見計らってサポートするのが大事。

① 一人歩き
 トイレに座るためには背骨や足腰の筋肉がしっかりしていることが必要。
② 膀胱の発達
 おしっこの間隔が2~3時間あけば、膀胱が発達してきたサイン。
③ 言葉の発達
 おしっこが出たことや出そうなことを言葉や仕草で意思表示できる。

※ おもらしや洗濯が苦にならない夏の時期が保護者にとってもベストかも。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

お昼寝明けに、おむつがぬれていなかったので、トイレに誘ってみたところ、しーっとおしっこがタイミングよく出ました。 「すごーい。○○ちゃん、おしっこがでたね。」と声をかけると、じっとおまるの中を覗いていました。 とても不思議な感覚だったのでしょう。 すばらくしたら、「出た〜。」とにっこり。とても嬉しそうでした。 明日もタイミングを見て、声がけしてみようと思います。

これもタイミング

園長先生にキツメに言われて、ショゲ気味のパーコちゃん。 仕事中もちょっと目がウツロ。危ない。危ない。 そんなときはコレ。 「新製品。食べてみる~?」 チョコを差し出しました。 顔が一瞬で明るくなりました。

今回の記事の参考

タイミング
オムツはずれ
イラスト

2019年6月27日木曜日

からっぽ!活動バランス。

中途半端なウォーキング

腰痛は保育士の職業病といわれるほど、悩んでいる人が多いです。 ワタシも腰痛で整形外科に通っていて、強度の高い運動は禁止されています。 リハビリ体操に取り組んでいますが、それだけでは運動不足。ウォーキングにも励んでいます。

先日は自宅から離れたところを歩こうと計画。 降りた駅の近くにおしゃれなケーキ屋さんがあって、コーヒーと一緒に大好きなモンブランをいただきました。 運動前だから糖質とらなきゃ・・・脂質も持久性運動には一緒に摂取するのが好ましいとの研究もあるとか・・・ そんな言い訳をしながら。。。

ケーキでお腹がいっぱいになってしまったので、近くの素敵なパン屋さんはウインドウを見ただけでスルー。 栄養的にはサンドイッチのほうがよかったかもしれないけど、好きなもののほうがやる気でるし!

ちょっと寄り道をしながら、正午近くから3時間ほどお散歩。 梅雨の晴れ間、自然の中を歩くのは気持ちよかったです。 途中からバスに乗って、市街地へ。

大好きなお店は17時オープン。着いたのは15時半。 中途半端。。 帰りの買い物の物色を兼ねて、ショッピングセンターの食品売り場へ。 マグロ中心の魚屋さんがありました。ちらし寿司が500円。 思わず買って、外のベンチでいただきました。 通行人も気になりません。 それほどお腹が空いていたんです! 完食!

《食事量の調整》と《活動バランス》

バランスボール 食わず嫌い」の記事では《チャレンジ精神》を育むこと、「好きなものしか食べない。グリーンピース?」の記事では《意欲》を高めることをポイントとして挙げました。 今回は、それを導くための配慮として、《食事量の調整》と《活動バランス》を掲げます。

『保育所保育指針解説』には「日々の食事の提供に当たっては、子どもの状態に応じて、摂取方法や摂取量などを考慮し、子どもが食べることを楽しむことができるよう計画を作成することが大切である。」とあります。 また「食事に向けて食欲がわくように、保育所における一日の活動のバランスに配慮していくことも重要である。」とも。

連絡帳の文例

食事中に椅子から立ち上がり遊びはじめようとする子がいました。 「発達を受け止める」という観点で次のように考えました。

発達を受け止める。

食事に集中できるのは15から20分。 けれども、〇〇ちゃんは好きなものだけ食べてすぐに椅子から立ち上がってしまいます。 盛り付けの量が多かったり、午前中の活動時間が少なくお腹がすいていないこともあるかもしれません。 何よりもチャレンジする精神、それを引き出す完食の達成感を味わってくれたらと、午前中の活動、食事量を調節してみました。 そうしたら、完食。食後のデザートを食べ終わるまで椅子に座って楽しそうにしていてくれました。

そして、次のような文を連絡帳に書きました。

普段は好きなものだけ食べてすぐに椅子から立ち上がってしまうことが多いのですが、食事量を調整して、様子をみたところ、今日はあっという間に完食でした。 きっと、たくさん身体を動かし遊んだ効果もあったのかもしれません。 完食したお皿を見せながら「からっぽ」ととても嬉しそうな○○ちゃんでした。 お食事後のお楽しみデザートのバナナもおいしそうに食べていました。

完食の喜びを感じてくれたのではないでしょうか。 家庭ではいろいろなものを食べてもらおうと無理をしがちになるかもしれません。 保護者の参考になれば幸いです。

計画性と調査は大事かも。

17時のオープンを楽しみにしていたお店。 その日は定休日でした。残念。 でも、ちらし寿司をおいしく食べられたので満足です。 からっぽ!

今回の記事の参考

ウォーキング
食育
  • 「保育所保育指針解説」第3章 健康及び安全 2 食育の推進(2)食育の環境の整備等
イラスト
 

ポピパ:保育士サポート Copyright © 2011 Designed by Ipietoon Blogger Template and web hosting